犬の首輪は飼い主の目印

犬の首輪はいろいろな意味があります。まず、ファッションという意味合いがあり、可愛い首輪をつけた犬はとても魅力的です。

次に犬を放し飼いにしないという意味合いがあり、これは飼い主としての最低限の責任でしょう。

そして、誰が飼い主かという目印にもなります。これはもっとも大切で、犬が迷子になった際などに、飼い主としての証明になります。

犬のしつけは子犬のうちにやっておくとしつけやすい

子犬を題材にしたドラマや映画が人気となり、最近はペットを飼うというのが流行っています。

とりわけ人気なのが室内でも飼える小型犬です。犬と生活するにあたって大事なのがしつけですが、犬のしつけは子犬の段階でしつけをしておくと、犬種にもよりますが覚えも早いためしつけやすいです。

年を重ねるとしつけも難しくなってくるので、子犬のうちならしつけもしやすいです。

子犬のしつけはしっかり行う

愛玩動物としてはもちろんのこと、番犬としても高い人気を誇る犬。

しかし、その愛らしさと勇敢さは、正しいしつけがあってこそ発揮されるものです。

もしもしつけを怠ってしまったら、ご近所様をも巻き込んだ思わぬトラブルを招いてしまうこともあります。

愛する家族が、そして犬が不幸にならないためにも、子犬のしつけはしっかりと行う必要があります。